ハイゼットカーゴは車中泊に注目!快適に過ごす改造方法やおすすめグッズを紹介!

登録車と同じように軽自動車にも乗用モデルと仕事に使う商用モデルがありますが、その軽商用モデルが車中泊用の車として注目を浴びるようになってきました。

軽商用ワンボックスバンであるハイゼットカーゴもその1台で、仕事用ではなく、車中泊を伴うレジャー用の車としての需要が増えているとのことです。

ここでは、ハイゼットカーゴがどこまで車中泊に適しているのかを見ていきたいと思います。

ハイゼットカーゴの特徴や主な仕様

まずはハイゼットカーゴがどういう車なのかという点を見ていきましょう。

ハイゼットカーゴはトヨタグループの軽自動車部門とされている子会社、ダイハツから発売されている軽商用モデルのハイゼットシリーズの1台です。

ボディバリエーションとして平ボディのトラックとワンボックスボディを持つバンがありますが、トラックはハイゼットトラックという名称で差別化が図られていて、ハイゼットカーゴとなるのはワンボックスボディを持つモデルだけとなります。

ハイゼットカーゴは商用モデル

スズキのワゴンRやハスラー、スペーシア、ダイハツのムーヴ、タント、ミライースといった今大人気となっている軽自動車はすべてにおいて5ナンバーを持つ「乗用車」として登録されているものですが、このハイゼットカーゴは、4ナンバー登録の「商用車」です。

乗用車と商用車の違いを大雑把に言いますと…

・乗用車は人間を乗せて走る車
・商用車は仕事のために荷物を載せて走る車

となり、ハイゼットカーゴは商用車登録となりますので「仕事のために荷物を運ぶ車」ということになるわけです。

そもそも軽自動車規格というものは商用車から始まりました。

話はかなり古くなりなりますが、太平洋戦争が終わり、日本がバリバリの復興モードになっていた時代に小さな商店が街を埋め尽くすようになりました。

大企業ならいざ知らず、こういった小さな商店では軒並み資金不足が続き、円滑な店舗経営をするために不可欠な運搬道具トラックを買うのがやっとで、それを維持していくのが大変でした。

それを見た政府は「これでは戦後復興も停滞してしまう」ということで、そういった小さな商店を応援する形となるべく、当時の商店がよく使っていたエンジン排気量の小さな小型トラックにかかる税金を一般的な自動車にかかる税金より極端に安くしたのです。

「小さなエンジン、小さなボディを持つ商用車の税金を安くする」

実はこの考え方がのちに軽自動車規格となります。

ですから本来の軽自動車の形というのは「商用車」でなければならないわけで、ハイゼットカーゴはまさにその考え方に則って作られている車といえるのです。

ハイゼットカーゴはラダーフレーム

ハイゼットカーゴは同じ軽自動車でも同社のムーヴやタント、ミラなどとは全く違う構造を持ちます。

まずフレームですが、ムーヴやタントはモノコックフレームという構造を持ち、薄い鉄板を複雑に曲げた部品を溶接やボルト留めし、それによってシャシー・ボディ一体型の車体を作るような形になっているのに対し、ハイゼットカーゴは、ラダーフレームという構造を持ちます。

ラダーフレームは2本の太い鉄骨を平行に並べ、その間をサブフレームと呼ばれる鉄骨で繋ぎ合わせたもので、見た目が梯子(ラダー)に似ていることからラダーフレームと呼ばれています。

ラダーフレーム構造はあくまでもシャシー構造だけであるため、その上に鉄板を組み合わせて作られたボディシェルを載せた形で1台の自動車の形態を作ります。

要するにモノコックフレームはボディとシャシー一体型、ラダーフレームはシャシーとボディシェルの2ピース型ということです。

もともと自動車というものはラダーフレーム構造で始まり、それが主流だった時代があったのですが、時代の移り変わりと性能の向上を求めたことで次第にモノコックフレームを使うようになっていき、今では乗用モデルを中心に自動車の骨格を形成するもののメイン構造として用いられるようになりました。

そんな中でハイゼットカーゴは、今でもラダーフレーム構造を採用しているのですがこれには理由があります。

ラダーフレーム構造は2本の太い鉄骨が主たる構造物でそれによって車全体を支えているのですが、その鉄骨のおかげで車体全体の強度や剛性を高めることができ、車体がねじれにくい、曲がりにくい、ねじれてもすぐに正常な形に戻りやすいといったメリットがあります。

このメリットは、重量がかさばるたくさんの荷物を積むトラックやバンにとっては非常にありがたいわけで、今でもトラックやバスなど車体に乗っかる重量が重たくなるような車に使われています。

強度や剛性が高いことからオフロードを走るためのクロスカントリー4WDモデルやピックアップトラックをベースにして作られたSUVにも採用されています。

これがモノコックフレームを持つ車であったら大変です。

薄い鉄板の組み合わせで作られているので強度はそこそこ得ることができますが、一度捻じれてしまったボディは元の形に戻ることがほとんどないので、荷物を積んで走るたびに車体が曲がっていってしまいます。

ハイゼットカーゴは、あくまでも荷物を積んで走るための商用バン、このようなデメリットを持つモノコックフレームを採用していては商用車としての性能をフルに発揮できませんので、あえて昔ながらの丈夫なラダーフレームを採用しているのです。

ラダーフレームにはもう1つのメリットがあります。それはボディバリエーションが作りやすいという点です。

ハイゼットシリーズを見てもわかると思いますが、このシリーズにはワンボックスバンボディ(ハイゼットカーゴ)、平ボディ(ハイゼットトラック)、荷室完全分離型ワンボックスバンボディ(ハイゼットカーゴ・セパレート)、ダブルキャブタイプトラック(ハイゼットデッキバン)といったたくさんのボディバリエーションがあります。

これだけの数のボディバリエーションを持たせるにはモノコックフレームの場合、シャシーから設計をし直す必要があり、実際の生産に関しても生産コストが増えてしまうので現実的にはできません。

しかし、シャシーとボディシェルが別体式になっているラダーフレーム構造では上に乗っかるボディの形だけを変えるだけで複数のバリエーションを作ることができるのです。

ただ、ラダーフレーム構造にももちろん欠点があります。それは乗り心地が悪いことです。

よくトラックは乗り心地が悪いなどといわれます。

それにはサスペンションのスプリングが硬くされているのも理由のひとつとなりますが、もうひとつの理由としてラダーフレーム構造自体が頑丈であるため、サスペンションで緩衝できなかった路面のデコボコや振動をまともに受けてしまうからです。

これがボディ全体で路面のデコボコや振動を受けるモノコックフレームであれば、ボディ自体が第二のサスペンションとなって乗り心地の悪化を防ぐことができるのですがそれができないラダーフレームでは、ゴツゴツした感じを受けることになってしまいます。

ハイゼットカーゴの構造

ハイゼットカーゴはラダーフレームを持つ昔ながらの商用車の構造を持つ車ですがそれだけでなく他の部分にも古典的な構造が用いられています。

エンジン

こちらは現在のダイハツの軽自動車における主力エンジンとなっているKF型が搭載され、グレードによってNAエンジンとターボエンジンが設定されています。

トランスミッション

こちらも2種類用意されていて、4速オートマチックトランスミッションと5速マニュアルトランスミッションが選択できます。

ただ、ちょっと気になるのがマニュアルトランスミッションのシフトレバーの操作具合です。

このモデルではインパネにオートマチックトランスミッションのセレクターレバーが付けられていて、マニュアルトランスミッションモデルにおいても共通のインパネが使われていることから同様にシフトレバーもインパネにつけられる形になっています。

ここが問題です、オートマチックトランスミッションであれば、PレンジからRレンジ、PレンジからDレンジ、DレンジとRレンジの往復といった時ぐらいしかセレクターレバーに触ることはないので操作がしにくいインパネに付けられていてもそれほど苦ではありません。

しかし、マニュアルトランスミッションですと走行中、特に街乗りなど忙しくシフトチェンジをする場合で常にシフトレバーに手を置いていなければならず、インパネにあるシフトレバーの操作性が非常に悪いのです。

商用車でもオートマチックトランスミッションモデルが主力になりつつある現在、どうしてもオートマチックトランスミッションモデルにあわせた作りがされてしまうのは仕方がないことなのかもしれませんが、商用車だからこそマニュアルトランスミッションのことも考えてもらいたいところです。

ドライブトレーンのレイアウト

こちらは昔ながらエンジン縦置きのFRレイアウトとなります。

エンジンの位置がフロントシートの下あたりとなりますのでエンジン位置からすれば、キャブオーバー型FRレイアウトということになるでしょう。

駆動方式

FRの二輪駆動とスイッチでトランスファーを操作するタイプのパートタイム4WDの2つが用意されています。

サスペンション

フロントサスペンションとして独立懸架のマクファーソンストラット、リヤサスペンションとして3リンク式のコイルリジットサスペンションが採用されています…このへんはやはり商用モデルらしさが出ているようで、コイルスプリングのスプリングレートもかなり固めです。

ボディ形状

短いボンネットが付けられていますが、そこにエンジンが入っているわけでもなく、安全基準を満たすためにつけられているものですからワンボックス形状といっていいでしょう。

インテリア

商用モデルですのでいたって簡素、必要最低限の装備に倒して使うことを重視した薄っぺらいリヤシート、鉄板むき出し・樹脂はめ込み式のインテリアパネルとなりますが、マニュアルですがエアコンは標準装備されていますので、車中泊用の車としてもそれほど不便を感じることはないでしょう。

ハイゼットカーゴは車中泊しやすい?知っておきたい注意点

車中泊に最強のシートアレンジを持つハイゼットカーゴ

ハイゼットカーゴは商用車です。

商用車は要するにトラックと同じようなものですから、最大積載量を超えない範囲でできるだけたくさんの荷物を積むことができなければなりません。

それを実現するためには乗用モデルのように乗っている人間の快適性よりもどれだけ荷物を積むためのスペースを確保できるかというところに重点を置いて車作りをしなければならないのです。

そのため、他の軽自動車のようにシートアレンジがたくさん用意されることはなく、ハイゼットカーゴでは…

・リヤシートを使って4人乗り+少ない荷物
・リヤシートを畳んで2人乗り+たくさんの荷物

の2パターンしかシートアレンジ(といえるかどうかわかりませんが)が用意されていません。

しかしその2つのシートアレンジの中に実は車中泊に最適となるパターンがあるのです…それが「リヤシートを畳んで2人乗り+たくさんの荷物」のパターンです。

リヤシートを畳むと広大なベッドスペースが現れる

フロントシートはそのままで、リヤシートを畳んで荷室を広げた状態にすると最大で…

・荷室長:1860mm
・荷室幅:1375mm
・荷室高:標準ルーフ1115mm ハイルーフ1235mm

といった寸法の空間を得ることができます。

車中泊を快適に過ごすには手足をできるだけ伸ばして寝ることができる広いベッドスペースの確保が最優先事項となりますが、これだけのスペースが確保できるのであれば十分でしょう。

軽自動車で全幅に厳しい制限があり、キャビンの幅も最大で1375mmしかありませんので、複数人が寝るということはできませんが、ダブルベッドとまではいきませんがセミダブルベッドの横幅より広くなっていることから大人2人まででしたら幅的に快適に寝ることができるでしょう。

一方、縦方向ですがキャビンの長さが1860mmもありますので日本人の平均身長をあてはめてみても余裕で足を延ばして寝ることができるということが容易に理解できます。

高さに関しては寝ている状態ではあまり関係ないことなのかもしれませんが、ベッドメイキングをしてその上でくつろぐということもあるかと思いますので一応、気にすべきことかと思います。

ハイゼットカーゴにはグレードによって標準ルーフとハイルーフがあり、キャビン内の寸法としては約120mm、12センチの違いがでます。

高さもあった方が快適に過ごすことができるのは当たり前ですが、仮に標準ルーフだとしても1115mmあって、フロア面に10センチ程度のマットを敷いたとしても1メートル以上の高さを確保できますので、成人の平均座高をあてはめてみても、背中を丸めたり、首を落としたりする必要はなく、快適に座った姿勢を保つことができると思います。

ここまで見るとハイゼットカーゴではベッドスペースの広さを気にする必要はないようです。

合格です!

ほぼ真っ平なフロア面はまさに車中泊向き

快適な睡眠をとるには広さだけではなく、寝心地の良い寝床が必要です。

当然ながら敷布団やマットレスの代わりに厚みにあるマットなどを敷くことになるわけですが、だからといってどんな車でも快適に眠ることができるわけではありません。

なぜならフロア面がデコボコになることが多いからです。

通常、自動車の中で寝るとなると各シートにシートバックを倒したり、シートを畳んだりして、できるだけフラットな面を作った上で、そこのマットを敷いて寝ることになりますが、そもそも自動車のシートは走っている時に体を固定するような形状に作られていることが多く、寝ることを考えたつくりにはなっていません。

要するにデコボコになるということです。

シートアレンジにしてみても「フルフラットモード」などといってもフラットに近い程度のもので、車によっては隙間だらけでその隙間に体が落ちしまうぐらいのものまであります。

こういう時はクッションやスポンジなどを隙間に挟み込んだり、段差にあてがってみたりしてなるべくフラットになるような工夫をした後に分厚いマットを敷くといった形を取ることになるのですが、うれしいことにこのハイゼットカーゴではそういった心配は全くする必要はありません。

極端な言い方をすれば、適度な厚みのあるマットが一枚あれば体を傷めることなく快適に寝ることができるでしょう。

ハイゼットカーゴのリヤシートは、座ることよりも畳んで荷室を広げることを重視して作られていて、左右分割式、ベンチシート式の2つのシートバリエーションがありますがどちらもシート座面、シートバックのクッションの厚みは薄く、そしてフラットに作られています。

これによって座り心地は悪くなりますが、シートバックを前に倒した時によくありがちなシートバック裏が斜めになってしまったり、隙間が空いてしまったりということがほぼありません。

そして更にシートを畳む構造がダイブインとなっているため、フラットなシートバック裏を保ったまま、リヤシートのフットスペースに潜り込むようにシート全体を落とすことができるのです。

それも見事にすっぽり収まりますので、フロントシートの後ろからリヤハッチの開口部まで全くといっていいほどデコボコがないフラットなフロア面を作ることができるのです。

当然ですが、この機能は車中泊のためにあるのではなく、商用バンらしくたくさんの荷物を安定した形で載せるために考えられたものですが、車中泊状態においては人間は荷物となりますので、この機能をうまく利用すればいいだけのことです。

寝床の質もどうやら全く問題がないようです。こちらも合格です。

ハイゼットカーゴの車中泊を快適に過ごすための改造方法

ドノーマル状態でも快適な車中泊をすることができるハイゼットカーゴにおいて派手な改造は必要ありません。

ただ一つだけ必ずつけてもらいたいのがカーテンです。

カーテンは保安基準に関わるもの

カーテンは運転中の視界を遮る可能性があるものとして保安基準で規制がかけられています。

そのため取り付け方などに色々と注意が必要となるわけですが、ただ規制があるのはフロントウィンドウと運転席・助手席のサイドウィンドウだけで、スライドドアにあるウィンドウやリヤクウォーターウィンドウ、リヤウィンドウなどは全く規制がありません。

特にハイゼットカーゴは4ナンバー登録の商用車ですから、リヤクウォーターウィンドウとリヤウィンドウは窓埋め加工やカッティングシートなどを貼って視界が全くない状態でも大丈夫なくらいですのでカーテンをつけることなど全く問題ありません。

スライドドアのウィンドウは、その脇にシートが備え付けられ人間が座る形となっていることから完全な窓埋めは違法となりますが、ガラス面が出ていれば真っ黒なウィンドウフィルムを貼っていても全く問題ありませんし、もちろんカーテンは開け閉めすることができますので問題ありません。

気をつけたいのはフロントウィンドウと運転席・助手席のサイドウィンドウですが、開け閉めできるカーテンでもガラス面にカーテンが触れたり、カーテンレールがガラス面の一部でも覆ったり、カーテンを畳んだ状態でもサイドウィンドウから見える位置のあるのは違法とされ、検挙されたり車検をクリアすることができなくなります。

なので、一般的にどんな車でもこの部分にカーテンをつけることを避け、取り外し式のサンシェードなどを必要な時だけ貼り付けるという形でごまかすことが多いのですが、このハイゼットカーゴはその心配もありません。

なぜならフロントウィンドウや運転席・助手席のサイドウィンドウにカーテンをつける必要がないからです。

ハイゼットカーゴでは、ベッドスペースとしてフロントシートより後ろの部分を使います。

そのため、フロントシート周りをカーテンで覆う必要はなく、フロントシートのシートバックより後ろだけを遮るような形でカーテンをつければいいのです。

ちょうどフロントシートと荷室の境目にあたる部分ですが、この部分にカーテンをつけることは保安基準でも何も規制はありません。

この部分にカーテンをつけても、閉めっぱなしにして走っても全くおとがめなしですし、車検も関係ありません。

ダイハツからもセパレートカーテンとしてオプション品が売られているぐらいですから安心してつけることができるでしょう。

この部分とスライドドアのウィンドウ、リヤクウォーターウィンドウ、リヤウィンドウといったところにカーテンをつければ眩しさを低減できますし、プライバシーも守れる、そして防犯にも利用することができると思います。

カーテンは専用品を選ぶ

ハイゼットカーゴにカーテンをつけるのならダイハツから発売されているオプション品を使うのが一番手っ取り早いのですが、少々お高いのとデザインがあまりにも無視質ですので、社外品の専用キットを使うとよいでしょう。

社外品ですとデザインも色も豊富で価格も安いのでメリットはあると思います。

ワイヤーや家庭用のフレキシブルなカーテンレールを買ってきて、カーテンは自分で縫うといった形でDIYで付けるのもいいかもしれません。

ハイゼットカーゴの車中泊におすすめのグッズ

カーテンをつけて、シートを倒しただけでそこそこ快適な車中泊環境が作れるハイゼットカーゴですが、更に快適な車中泊を求めるにはちょっとした道具や用品が必要になります。

寝心地をよくするマット

布団だったら敷布団、ベッドだったらマットレス…といったように寝る場所に何かを敷くはずです。

車中泊においてもそれは同じで、寝るスペースにマットを敷くといいでしょう。

マットは寝心地の良いベッドスペースを作り出すだけでなく、座って食事や休憩をしている時でもお尻が痛くなりにくいですし、KF型エンジン特有の大きなエンジンの振動、細かいノイズなども多少ですが抑制することができます。

更に冬の車中泊では鉄板むき出しのインテリアからくる深々とした冷えに対抗するためにもそこそこ分厚いマットが必要です。

車中泊ブームとなっている現在ではいろいろなところからハイゼットカーゴのフロア面サイズに合わせた専用マットが売られています。

厚みも5センチ程度から10センチ程度のものまでいろいろですが、できれば厚みのあるマットを選んだ方がいいでしょう。

夏なら保冷ボックス

ベッドメイキングをしてそこでゴロゴロしている時に不意に何か飲みたくなった、だからといってやっとくつろぎ始めたのにまた車を出すのも億劫ですし、お店や自動販売機が近くにあったとしても車から降りて買いに行くのも面倒臭い、こんな時に便利なのが保冷ボックス、この中に前もってたくさんのドリンクを入れておけばいいのです。

保冷ボックスは早い話、クーラーボックスですが最近の保冷ボックスはかなり性能が良く、クーラーボックスでは半日ももたないのに対して、保冷ボックスですと丸一日以上冷えた状態を保つことができます。

機能としてはカチンカチンに凍らせたよくあるタイプの保冷材を中に入れておくだけのものですが、気密性と断熱性が高いため、長時間冷たい状態を作ることができます。

サイズもいろいろで助手席の足元におけるぐらいのサイズも売られていますので、車中泊モードにしても置く場所に困ることはありません。

下に置けなければ上に置く

ベッドメイキングをして車中泊モードに切り替えた時に一番困るのが荷物の置き場所、大きなものは空いている助手席や運転席に置くことになりますが、手元のおいておきたいちょっとした荷物もあるはずです。

そういったものも一緒に前に置いてしまうとかなり不便ということでベッドの上に置くことになりますが、そうでなくても狭いのに荷物にスペースを取られてしまうのは困りものです。

これを解決するのがオプションとしてダイハツから発売されているマルチレールシステムです。

マルチレールシステムとはルーフの側面にあるユースフルナットを利用したものでそこにベースとなるシャフトを取り付けて、そのシャフトに色々なアタッチメントつけることで複数の機能を追加するというものです。

その機能の中にオーバーヘッドネットとかオーバーヘッドラックといったルーフの部分に荷物を置くスペースを作るものがあってそれをつけることで先程のような手元に置いておきたいちょっとした荷物をベッドスペースを浪費することなく近場に置くことができるようになります。

ハイゼットカーゴで車中泊を経験した人の感想、口コミ

 

寝ていると結構エンジンの振動を感じてなかなか寝付けませんでした。

 

エコの観点からすれば車中泊をしている時はエンジンを止めておきたいものですが、夏場など命にかかわることにもなりかねませんので、エンジンをかけてエアコンをつけた状態で寝ることもあります。

 

その時にエンジンの振動を感じてしまうということですが、これはこの車につけられているエンジンの特性と商用車ならではの欠点が露呈したことによってそう感じてしまうのです。

 

この車に搭載されているKF型エンジンはダイハツのエンジンなのですが、3気筒という奇数のシリンダーを持つエンジンで基本的に大きな振動が出るエンジンです。

 

一応、バランサーで振動を少なくするような仕組みが取り入れられていますが、完全の取りきることは難しいのでそれがどうしても目立ってしまうのです。

 

そして更にこの車は商用車ですので乗用車ではよく使われている防振、防音をもたらす素材がかなり少なくされているか、一部使われていないところがあり、ボディに伝わった振動がまともに寝ている人間に伝わってしまうことがあるのです。

 

これはどちらもハイゼットカーゴを選んで購入した時点であきらめなければならないことですが、寝る時に使うマットの厚みを厚くすることで多少は改善させることができます。

 

まとめ

商用車であるハイゼットカーゴ、商用車ゆえ快適性に問題ありかと思ったら意外や意外かなり優れた車中泊性能の持ち主であったようです。

特にフラットで広いフロア面を確保できるのはうれしいところです。この車が車中泊に向いているかどうかと聞かれたらきっとこう答えるでしょう。

「良い睡眠がとれると思いますよ」

…と。