N-BOXは本当に車中泊しやすい?快適にする改造方法やおすすめグッズを紹介!

人気の軽自動車、特に小さな子供のいる家庭に大人気となっているのが軽スーパーハイトワゴンです。

軽スーパーハイトワゴンは各社から発売されていますが、作りがしっかりとしていることで評価が高くなっているのがホンダのN-BOXです。

このN-BOXにおいても他の軽スーパーハイトワゴン同様に「車中泊をすることができそう」ということが言われていますが果たして本当にこの車で車中泊などできるのでしょうか?

N-BOXの特徴や主な仕様

ではまずはN-BOXという車がどういう車なのかというところから始めましょう。この部分を理解していないとないも始まりません。

N-BOXとは唯一、他の自動車メーカーとのつながりが全くない形で経営を行っているホンダが発売する軽スーパーハイトワゴンです。

N-BOXはホンダの新しい軽自動車の形であるいわゆる「Nコンセプト」「Nシリーズ」の1台として作られたもので、このN-BOXを最初のモデルとして発売したのを皮切りに、軽ハッチバックセダンのN-ONE、軽トールワゴンのN-WGN、N-BOXのチョップトップモデルのN-BOXスラッシュ、N-BOXベースの商用バンであるN-VANと立て続けにNシリーズのモデルを発売し続けてきました。

その中でもこのN-BOXは非常に人気が高く、販売台数も軒並み好調となっていますが、ここまで来るのにホンダは相当苦労をしてきました。

そもそもNシリーズが発売されるきっかけになったのはその前までに発売されていたライフ系の販売不振でした。

エコブームによって小排気量エンジンを搭載した軽自動車がそれまで以上に注目される中で、軽自動車で有名なスズキはアルト、ワゴンR、パレット(のちのスペーシア)、同じくダイハツはミラ、タント、ムーヴ、三菱はeKワゴンといった大ヒットモデルを次々に発売し販売台数を劇的に伸ばしていました。

その当時、ホンダはどうかというとホンダ自体が軽自動車にあまり力を入れておらず、1997年に発売された第二世代モデルの系統を受け継ぐライフだけしか発売していませんでした。

その結果、軽自動車界のおける人気のほとんどをスズキとダイハツ、三菱で分けるような形となり、ホンダの軽自動車はほとんど売れない状況となったのです。

ホンダもこれではいけないということで急いでライフの派生モデルのザッツやゼストを作り発売したのですが、ベースがライフであり、それが強く出過ぎた車となっていたため、一部のホンダファン以外からは見向きもされない状況になってしまいました。

そこでホンダは考えました…「根本的な部分を変えなければならない」と…。

ただ新しいモデルを作るだけではライフの二の舞を演じることになりかねないので、1つの基本となるモデルを作りそれを基本とした派生モデルをたくさん作って販売する、そしてコストをあまり買えずに転用できるものがいいということで生まれたのがNコンセプト、のちのNシリーズだったのです。

なので、N-BOX、N-BOXスラッシュ、N-ONE、N-WGN、N-VANにはすべてのおいて同じプラットフォームが与えられていて、シャシー構造、サスペンション構造、エンジン形式、トランスミッション、ドライブトレーンなどほぼ同じものが採用されています。

エンジンは、初代モデルに搭載されていたS07A型の進化版であるS07B型で、初代モデル同様にNAエンジンとターボエンジンの2つが用意されています。

トランスミッションはCVTだけで選択肢はありません。

サスペンション構造はフロントが独立懸架のマクファーソンストラット、リヤがコイルスプリング式リジットサスペンションとなっています。

駆動方式は基本はFFですが、スタンバイ4WDシステム搭載の4WDモデルもあります。

こういった経緯で、Nシリーズの中の軽スーパーハイトワゴンモデルとして発売されたN-BOX、軽スーパーハイトワゴンとして作られていることから広いキャビン空間を持っていることには間違いはないかと思いますが、果たして車中泊をすることに向いている車なのでしょうか。

N-BOXは車中泊しやすい?知っておきたい3つのこと

N-BOXは全高が高い軽スーパーハイトワゴンとして作られている車ですので、空間も広く快適に車中泊ができそうに思えますが実はそうではないようです。その理由を解明していきましょう。

ベッドスペースは思ったより広くない

軽スーパーハイトワゴンはどのモデルにおいても「広い」「広い」とよく言われていますが、確かにキャビン空間は広いと思います。しかし、それはあくまでも「空間」、3次元での話です。

人間の目と脳は面積の広さを正しく認識できないようで、面積に高さという概念が加わってしまうと「面積」として広さを認識することがしにくくなり、「容積」として捉えてしまうようになります。

要するに同じ面積で高さが低いものより、高いものの方が空間だけでなく、床の面積も広くなったように感じてしまうということです。

これは同じプラットフォームを使って作られているNシリーズ同士で比較してみるとわかりやすいでしょう。

室内高の低いN-ONEと中間的な室内高を持つN-WGN、そして一番高い室内高を持つN-BOXでキャビンのフロア面積としての広さを見たとしたらきっと誰もがN-BOXが一番広く、N-ONEが一番狭いと思うはずです。

同じプラットフォームを使い、同じようなインテリアパーツを使って作られている車同士ですから室内寸法の違いもそれほど大きくなく、見た目的にはほぼ同じです。

それなのに広さに違いを感じるのは「空間」という概念が悪戯をしているからです。

もちろんこの部分を販売戦略の中の「うたい文句」としてうまく活用している自動車メーカー側も悪いですが、同じNシリーズであれば、キャビン内のフロア面積にほとんど違いはありません。

車中泊において重要なのは、「空間」ではなくこの「面積」、ベッドスペースとして活用するフロア面積です。

これがN-BOXではどうかといいますと、カタログ値を見るとこうなります。

・室内長:最大2240mm
・室内幅:1350mm

この寸法にはベッドスペースとして使えない部分も含まれていますので、実際のフロア面積としての寸法は…

・室内長:1850mm
・室内幅:1100mm

程度となります。

寝具のシングルベッドと比較してみるとシングルベッドの規格は…

・全長:1950mm
・全幅:970mm

ですので、長さはシングルベッドより短く、幅はわずかに広くセミダブルの1200mmに近いサイズとなることがわかります。

このスペースに寝ることを考えたら、長さに関してはよほど身長の高い方でない限り、足を延ばしてゆったりと寝ることができそうです。

幅に関してはセミダブルサイズと仮定してもゆったり寝るのであれば1人分、寝返りを我慢するか少し重なることを覚悟して寝るのであれば、大人二人までといったところでしょうか。

まあ、軽自動車ですので、定員一杯の4人乗って、出先で車中泊などといったことを考えることもないかと思いますので、大人二人がそれなりに寝ることができるのであればそれはそれでいいのかもしれません。

シートアレンジが車中泊に向かない

車中泊をするとなるとおのずとシートバックを倒して、フラット面にできるだけ近づける形を取ることになるわけですが、その時のベッドスペースの良し悪しを決めるのがシートアレンジのバリエーションでしょう。

N-BOXには次のようなシートアレンジが用意されています。

・4人乗り通常状態
・リヤシートの座面を跳ね上げるチップアップ状態
・リヤシートのシートバックを前に倒した状態
・リヤシートのシートバックを前に倒した上にフロントシートのシートバックを重ねるように後ろ倒しにした状態
・フロントシートのシートバックを後ろ倒しにして、リヤシートの座面と繋げた状態

この中で車中泊をするのに最適なアレンジ状態となるのは…

・リヤシートのシートバックを前に倒した上にフロントシートのシートバックを重ねるように後ろ倒しにした状態
・フロントシートのシートバックを後ろ倒しにして、リヤシートの座面と繋げた状態

の2つですが、どちらも一長一短があります。

「リヤシートのシートバックを前に倒した上にフロントシートのシートバックを重ねるように後ろ倒しにした状態」では、リヤシートのシートバックを前に倒した状態でリヤシートのシートバック裏とリヤラゲッジスペースのフロア面でフラットな状態が出来上がっているのですが、その上にフロントシートのシートバックが上に重なるように乗っかるのでフロントシートとリヤシートのシートバック裏の部分にシートバックの厚みほどの大きな段差が生まれてしまいます。

寝るのにあたって段差は禁物ですので、その点は何かで対策を取らなければなりません。

一方、「フロントシートのシートバックを後ろ倒しにして、リヤシートの座面と繋げた状態」ですがこちらはフロントシートとリヤシートの間に大きな段差は生まれないのですが、リヤシートのシートバックを完全に後ろ倒しにすることがスペース的にできないので常に斜めになった状態、後ろ側を頭にして寝るとすると首から上半身にかけて斜めになったシートバックにもたれかかかるような形になってしまいます。

寝ることを考えたらやっぱりフルフラットが一番いいので、足を曲げて少し足側にずれた形で寝ることになってしまいます

こうしてみるとどうやらN-BOXは、「車中泊をする」ということがあまり考えられていないようです。

もちろん軽自動車ですからそのようなことを必ずしも考えなければならないということではありませんが、軽スーパーハイトワゴンというカテゴリーの車である以上もう少し考えてくれても良かったのでは?と思ってしまいます。

とにかくデコボコ

N-BOXはごく一般的は軽自動車、大衆車ですからRVのように快適なベッドスペースが作れないのは当たり前です。

しかし、良質な睡眠をとるためにはできる限りフラットで平らな面を設けたいものです。
そういった方向からN-BOXの車中泊性能(?)を見るとあまりいい点数を上げることはできません。

なぜならとにかくデコボコが多いからです。

前項のシートアレンジの部分でも言いましたように、車中泊に向いている2つのシートアレンジのどちらにおいてもフラットなフロア面を得ることができません。

「リヤシートのシートバックを前に倒した上にフロントシートのシートバックを重ねるように後ろ倒しにした状態」では、フロントシートとリヤシートの間でかなりの段差が生まれますし、「フロントシートのシートバックを後ろ倒しにして、リヤシートの座面と繋げた状態」ですと頭の部分が斜めになってしまいます。

特に多くの方が車中泊の時に用いるシートアレンジである「リヤシートのシートバックを前に倒した上にフロントシートのシートバックを重ねるように後ろ倒しにした状態」では、フロントシートとリヤシートの間の段差はかなり大きく最低でも10センチ以上の段差がついてしまいます。

それだけはありません、フロントシートのシートバックにつけられているサイドサポートがかなり出ていて、これもフラット面を作り出すことを邪魔しているのです。

シートバックにあるサイドサポートは走行中の横Gによる体の動きを支える目的でこれがあることで運転中、または走行中の疲労が軽減されます。

特にホンダのNシリーズは走りを意識したつくりになっていることから他の自動車メーカーが発売する軽スーパーハイトワゴンのものよりも大きくせり出しています。

これが車中泊に取って逆効果となってしまい、このフロントシートのシートバック辺りを中心にデコボコなベッドスペースを生み出すことになってしまいました。

これは車中泊をする際に最初に何とかしなければならない部分となるでしょう。

少しでも快適に!N-BOXを車中泊向けに改造する方法

N-BOXを快適に車中泊ができるようにするにはちょっとしたアイテムでごまかすのではなく、思い切って改造を施す必要があるでしょう。

といってもたかだか軽自動車に何十万円も何百万円ものお金をかけてRVショップなどで作ってもらうのは気が引けます。

それにそこまで大々的にやってしまうと構造変更手続きを行ったり、8ナンバーの車検を取らなければならないので、いつでも簡単にノーマルに戻せる、そして保安基準に適合した形で比較的手をかけない、お金をかけない形で改造を行うといいでしょう。

基本的にはDIYということになりますが、一部のショップでN-BOX用のベッドキットなどが販売されているのでそれを利用するのも良いかと思います。

DIYでベッドを作る

DIYでN-BOX用のベッドを作るといってもRVを作るようにリヤシートを取り外して、別途を作るという方法はとりません。

シートを取り外してしまうと定員が4人から2人に変わってしまうことからそのままの状態では保安基準に反することとなり、車検もおろか整備不良として検挙されてしまうことになります。

ですので、シートはそのままでシートアレンジをフラットにした状態(リヤシートのシートバックを前に倒した上にフロントシートのシートバックを重ねるように後ろ倒しにした状態)の上に載せるような形でフレームを組み、そこに天板を張ってマットを置くといった形で行います。

フレームを作るのは、イレクターパイプという商品名で販売されている鋼管のまわりの樹脂加工してある金属パイプとイレクターパイプ専用のジョイントを使って組み上げます。

できるだけきちんと寸法を測って、フラットで傾きのないものを組み上げましょう。あとは天板としてベニヤ板をはめ込んでマットを載せれば完成です。

ただ、ここで注意することがあります。

1つは組み上げたフレームをボルトやタッピングビスなどでボディに固定をしないこと、固定をしてしまうと車の一部としてみられてしまうため、違法改造の疑いが掛かります。

それから分解できるような設計をすること、これは用途によってベッドが不要になることもあるわけですから、その時に簡単に降ろすことができるようにしておく必要があるのです。

このベッドはあくまでも「荷物」として扱わなければなりませんので、いつでも簡単に降ろすことができなければいけません。

カーテンをつける

快適な睡眠をとるためには遮光が必要です。自動車においてウィンドウ面の遮光を行うにはいろいろな方法があります。

  • ウィンドウフィルム
  • 吸盤式のサンシェード
  • カーテン

まず、ウィンドウフィルムですが、これだけで遮光を行おうとするのはおすすめできません。特にフロントウィンドウやフロントシートの左右にあるサイドウィンドウはなおさらです。

フロントウィンドウやフロントシートの左右にあるサイドウィンドウは保安基準で光を通す割合、透過率が決められており、透過率70%をクリアしなければならないという決まりがあります。

透過率70%というというのはいわゆる自動車の標準装備にあるプライバシーガラスと呼ばれるものがそれに近い数字で、ほとんど無色透明のガラスであるといった状態です。

この部分にかなり薄い色のウィンドウフィルムを貼り付けてしまうとそれだけで保安基準で定められた透過率を下回ってしまうため違法改造として検挙されたり、当然ながら車検もクリアできなくなります。

車検においては一部、ディーラーなど厳しいところでは透過率をクリアしていても何かが張り付けてあるということだけで車検をパスできないこともあります。

リヤウィンドウは、保安基準による規制はありませんが、実際に夜間の運転をすることを考えると現実的にあまり濃い色のウィンドウフィルムを張り付けることは望ましくありません。

ウィンドウフィルムはリヤシートのサイドウィンドウ、ラゲッジスペース両脇のリヤクウォーターガラス、リヤウィンドウにおける「まぶしさの軽減」程度に貼り付けるといったスタンスがいいと思われます。

次に吸盤式のサンシェードですが、こちらはN-BOX専用のものを選べば、フロントウィンドウからリヤウィンドウまですべてのウィンドウを余すことなく遮光することができます。

しかし、サンシェードは取り外し式ですので、使う時に取り付けて、使わない時は取り外すという面倒な作業が付きまとい、そして更に意外とかさばるものですので使っていない時に収納に困ってしまいます。

そして最後にカーテンですが、実はこれが一番いいかと思います。

カーテンキットを購入したり、DIYで作るにしてもそれなりの手間とお金がかかってしまいますが、備え付けであるため、使いたい時にさっと展開して、いらなくなったらすぐ畳むといったことができますし、布で覆うことによって多少ですが冷えから守ることができます。

ただ、カーテンをつける時は注意が必要です。

保安基準ではフロントウィンドウとフロントシート両脇にあるサイドウィンドウにカーテンをつけることを禁じてはいませんが、ガラス面にカーテンやカーテンレールなどが触れることを禁じています。

そのため、たとえ走行中はカーテンを全開状態にして走っていてもカーテンレールが残っている状態となることから整備不良として検挙、そして車検をパスすることができなくなります。

ただRVショップなどが扱うカーテンですとカーテンレール自体がウィンドウ周りではなく、少し離れたところにつけられていて、ガラス面に一切干渉しない、そして畳んだカーテン自体もフロントシートのシートバックよりも後ろにまとめることができるようになっていることから、カーテンがついていても整備不良にもならず、車検もクリアできるようになっています。

ちなみにうるさい規制があるのはフロントウィンドウとフロントシート両脇のサイドウィンドウだけでそれ以外の部分は極端な話、常にカーテンを閉め切って走っていても全くおとがめはありません。

N-BOXの車中泊に必須のグッズはマット!

マットは必須

N-BOXで改造もなしに快適な車中泊を求めるなら必ず要しなければならないのが、ウレタンと厚みあるマットです。

N-BOXで車中泊をする際に最も用いられるシートアレンジである「リヤシートのシートバックを前に倒した上にフロントシートのシートバックを重ねるように後ろ倒しにした状態」、ホンダ曰く「ロングモード」と呼ばれる状態にすると、一番高い位置がフロントシートのシートバック、次にフロントシートの座面、次にリヤシートのシートバック裏の一部、そして最後にラゲッジスペースのフロア面といった形で部分によってかなりの高低差が生まれます。

快適に寝ようとするのであればこれらの段差をまっすぐにしてあげなければなりません。

そこで手っ取り早くやる方法としてウレタンが必要になります。

一番高くなるフロントシートのシートバックを基準としてそれに高さをわせるようにウレタン製のボードやブロックを組み合わせて、平坦化を図ります。

結構、面倒な作業ですが一度作ってしまえばいいものですから気合を入れて作っておきましょう。

これさえ作っておけばあとは分厚いマットを上に敷くだけでまるでベッドの上にいるような寝心地を得ることができます。

実際にN-BOXで車中泊を経験した人の感想、口コミ

なんだかんだ言っても実際に経験した方の意見を聞くのが一番ということで独自にN-BOXでの車中泊経験者に意見を聞いてみました。

 

ロングモードにしてマットを引くとかなり高くなって乗り降りが大変です。

 

確かにロングモードにするとリヤシートがダイブインして若干高さが低くなるものの、その上にフロントシートのシートバックが重なるので、結構な高さになるようです。

 

 

軽ワンボックスワゴンと違って、エンジンを止めた直後でも室内が異常に暑くならなくていい。

 

軽ワンボックスワゴンはキャブオーバー型と呼ばれるエンジンレイアウトがされていて、エンジンの真上にフロントシートが置かれる形になっていて、エンジンを止めても残ったエンジンの熱がフロントシート周りからじわじわとキャビン内に入ってきて、夏場などすぐに蒸し風呂状態になってしまいます。

 

その点、N-BOXは短いながらもボンネットを持ち、そこにエンジンを収めているのでキャブオーバー型より熱の影響を受けることはなく、キャビン内の温度が急激に上がるということもないようです。

 

まとめ:N-BOXの車中泊は2人までなら快適!

一応、大人二人が足を延ばして寝ることができるのでN-BOXで車中泊はできるとしますが、「車中泊ができる」のと「快適な車中泊ができる」の都では大きく異なります。

ノーマル状態で何も用意しない状態のN-BOXで車中泊をするのは「車中泊ができる」程度のもので決して快適ではありません。

段差をなくしてマットを引いて、カーテンをつけてなどいろいろな準備をして望むことではじめて「快適な車中泊ができる」という言葉に変わるのです。

頻繁に車中泊をするのであれば、いっそのことDIYで取り外し式のベッドを作ってしまった方がいいでしょう。